1. 脱毛サロンランキング
  2. 脱毛基礎知識
  3. ≫やけどした部位は脱毛できない?痛みや悪影響も調査してみた

やけどした部位は脱毛できない?痛みや悪影響も調査してみた

脱毛したいけど、過去にやけどしたところが色素沈着して跡になってる・・・こういった場合、脱毛ができるかの判断は素人にはわかりませんよね。

やけどだけではなく、肌に何らかのトラブルがあるときの脱毛も同じです。そういった場合でも施術は可能なのか?痛みや悪影響はないのか?など疑問は尽きません。

また、脱毛施術によってやけどになってしまった場合、クリニックやサロンは責任を取って慰謝料を払ってくれるのでしょうか?万が一のときの慰謝料支払いについても調べて記載しましたので、脱毛に不安を持っている方はぜひ読んでみてくださいね。

やけどした部位は脱毛できるか

やけどをして、跡になっている部分というのは色素沈着を起こして肌の色が周りよりも濃くなっているのではないでしょうか?

結論から先にお伝えすると、やけどして色素沈着を起こして跡になっている部分は脱毛することができません。

やけど跡だけではありませんが、色素沈着を起こしている部分は脱毛できないと思っておいて良いでしょう。また、やけどをして数日しか経過していなかったりとまだ治っていない場合も脱毛することはできません。

色素沈着していると脱毛できないのはなぜ?

肌に色素沈着があるとその部分は施術することができませんが、それはなぜなのでしょうか?

理由は、脱毛施術をする際の光やレーザーが黒いものに反応するように作られているからです。

日焼けをしていると肌の色が濃くなって脱毛ができないのと同様に、色素沈着していると部分的に色が濃くなってしまうので、脱毛器から発せられる光やレーザーが過剰に反応してしまうのです。

過剰に反応してしまうとさらにその部分にダメージを与えることとなるので、再度やけど状態になってしまったり、炎症を起こしてしまう可能性があります。

ですので、多くの脱毛サロンやクリニックでは、やけどをして色素沈着が起こってしまっている部位に関しての脱毛は断られてしまうのです。

絶対に脱毛できない訳ではない

サロンやクリニックでは、色素沈着を起こしていたり日焼けをしている肌でも脱毛が可能としているところもあります。

そういった脱毛店では、専用の脱毛機を使用して脱毛施術を行っています。または、肌にダメージを与えない為に照射のパワーをかなり落として施術を行います。

パワーを落として施術を行うので通常の脱毛効果を得ることはできませんし、結果的に脱毛に時間も費用もかかってしまうということになります。

また、症状の状態によっても施術可能となることがあります。自分では無理だと諦めていた脱毛でも、カウンセリングで相談してみたらOKと言われたという方もいらっしゃいます。

やけど部位を除いで脱毛は可能?

やけどをして色素沈着を起こしている部分がある方は、跡が残って色素沈着を起こしてしまっている部分を除けば通常通りに脱毛施術を受けることができます。

色素沈着を起こしている部分が施術できないのは上述した通りですが、やけどだけではなく、肌に異常があるときはその部分は施術ができないと思っておけば間違いありません。

広範囲にやけど跡がある方もその部分を除けば脱毛することができます。やけどとは違いますが、刺青やタトゥーが入っている方の場合も同様で、その部分だけを避けて照射することで脱毛可能になります。

やけどの範囲が小さい場合は、その部位に照射の光やレーザーが当たらないように保護テープを貼ってもらえることがあります。そういった対応をしてもらえる脱毛店の場合は、避けて照射しなくてもそのままの施術ができるので、施術がスピーディーに終わります。

ケロイドになっている部分はやはり痛い?

ケロイドとは、簡単に説明すると「やけどや怪我をした部分や手術の跡などが隆起して肌表面に残ってしまうこと」を言います。

ケロイド体質の人の場合だと、ほんのちょっとのかすり傷や虫刺されでも赤く膨れ上がったり、肌に跡が残ってしまいます。

このような重度なケロイド体質の方は、脱毛を受けることが非常に難しくなってしまうので、脱毛を断られてしまうケースもあります。特に医師が常駐していない脱毛サロンの場合は、何かあったときに対応ができないことから契約を断られることが多いです。

医師が常駐している医療機関であるクリニックの場合は、もしもの時に処置ができることから重度のケロイド体質でなければ受け入れてもらえます。

ケロイドになっている部分は痛い?

ケロイド化してしまっている部分は、痛みやかゆみを伴う場合がありますので、その部分に脱毛の光やレーザーを照射すると強い痛みを感じます。

ですが、症状が悪化してしまったり、やけどなどのトラブルの可能性もありますので、ほとんどの場合はケロイド化している部分は避けて照射を行います。

ケロイドの場合も、やけどのときと同じような対応と思って頂ければわかりやすいですね。

手術跡があるときはどうなる?

ケロイド化までとはならずとも、大きな手術をしたあとや帝王切開で出産した方は、身体に手術跡がほとんどの場合残ってしまいます。

そういった部分はどうなるのでしょうか?

手術跡などの傷跡も、やけどやケロイドと同じく基本的に施術を行うことができませんので避けて照射を行います。

サロンやクリニックによって対応は違いますが、傷跡のギリギリまで照射できるところもあれば、傷跡から少し間を空けて照射を行う脱毛店など様々です。

帝王切開でお腹を切って出産された方で、手術跡の周りだけ少し開けて照射されたので、照射されていない周辺だけ毛が生えてしまって気持ち悪さを感じているといった方もいらっしゃいます。

脱毛施術でやけどしてしまった場合

脱毛は、毛根の組織をレーザー脱毛や光脱毛の照射の熱で焼き切って破壊することで行われますが、メラニン色素(黒い毛)に反応させて脱毛するため、熱が加わったときに毛穴や肌表面をやけどすることがあります。

照射のパワーを低くすればするほど脱毛でやけどをする可能性も低くなりますが、同時に毛根を破壊するパワーも弱くなるので脱毛効果は低くなってしまいます。

やけどの原因は?

やけどをしない絶妙な設定で照射が行われているはずが、技術力の少ない施術者であったり、脱毛機器の不調などが原因で、稀にやけどをしてしまうことがあります。

施術者の技術力不足は、お客さんの肌状態をしっかり把握したり、適切な調整や機器の選択ができない場合に考えられます。

また、小さなサロンやクリニックの場合、スタッフ教育が行き届いておらず、施術者の脱毛に対する知識が足りていないということもあり得ます。

脱毛機に関しては、型落ちのマシンをずっと使っていたりする場合はガタが来ていることも考えられ、本来の脱毛機の性能を発揮できていないこともあります。

施術者の技術力不足とマシンの劣化が合わさってしまった場合は、やけどのリスクが高くなるのです。

やけどしてしまった時の対処方法

脱毛でやけどをすると、肌の赤みが2~3日続き、酷いときは水ぶくれが発生する場合もあります。

万が一脱毛でやけどの被害者になってしまったときのために、対処方法を知っておきましょう。

①異常を感じたらすぐにサロン・クリニックに即連絡!

まずは、やけどしたと感じたときはすぐに脱毛サロン・クリニックに電話連絡するようにしましょう!自分でやけどかわからないときでも、最悪間違っていても問題はありませんので、とにかく異変を感じたときはすぐに状況を連絡するようにしてください。

②患部を冷やし脱毛したクリニック、もしくは皮膚科へ

赤みやヒリヒリがなかなか引かないときは、患部を冷やしましょう。

それでも症状が良くならない場合は、次のようにしてください。

  • クリニックでの施術の場合 ⇒ クリニックへ
  • サロンでの施術の場合 ⇒ 皮膚科へ

※銀座カラーの場合は、ドクターサポートがあるので提携先の医療機関へ

③処方された薬を使用して様子を見る

クリニックや皮膚科で処方された薬を患部に塗って経過を観察します。

クリニックの場合は、大手クリニックであればアフターケアサービスとして診察料・お薬代無料にしていることも多いので、そういったサービスがあれば安心です。

サロンの場合は、皮膚科を受診したことがわかるように領収書を保管しておきましょう。

やけどを未然に防ぐ5つの方法

脱毛によるやけどはある程度は未然に防ぐことができますので、その方法をお伝えします。契約の際に「大丈夫かな・・・?」と感じる脱毛店では下記のことを確認しておきましょう。

◆最新のレーザー機械が導入されているか

脱毛店によっては、古い脱毛機をずっと使って利益率を高くしている「お客さん重視」ではなく「利益重視」の脱毛店も存在します。

必ずしも最新型の脱毛機が良い訳ではありませんが、基準のひとつとして覚えておきましょう。

◆脱毛実績は豊富か

過去の脱毛実績が豊富な脱毛店では、ノウハウや設備がしっかりしていることが考えられます。経験豊富なベテランスタッフが多いことも考えられますので、安心材料のひとつとなります。

◆過去にトラブルが起きたという口コミはないか

脱毛契約前にその脱毛店の口コミをチェックしてみて、直近1年以内くらいの期間でのトラブルの件数が多い場合は注意が必要です。

ネット上にある口コミでは数年前のものも存在しますので、そういったものはあまりあてになりません。口コミを調べるならなるべく新しい日付の口コミを参考にするようにしましょう!

 

上3つは店舗側の問題でしたが、残り二つは自分で注意するべきポイントになります。

◆日焼けに注意する

日焼けをした肌は、メラニン色素が増えて色が濃くなることから照射のレーザーや光を肌が吸収しやすくなるため、やけどのリスクが高くなってしまいます。

脱毛に通っているときは日焼けを避けて日焼け止めを常備するように心がけましょう。

◆薬の服用は正しく伝える

風邪や持病などで薬を服用している場合は、必ず服用している薬についてスタッフの方へ伝えるようにしましょう。

薬の中には、光を吸収しやすくする作用があるものが存在します。

そういった薬を服用していることを伝えておらず、脱毛店側が知らないままに施術を行ってしまうとやけどのリスクは高くなってしまうのです。

脱毛サロン・クリニックに慰謝料請求は可能?

キレイになるために脱毛に通っているのにやけどで跡が・・・そんなとき、慰謝料を請求することはできるのでしょうか?

条件が揃えば慰謝料請求可能!

脱毛によるやけどは慰謝料を請求することができます。

しかし、なんでもかんでも請求できるわけではありません。

まず、そのサロンまたはクリニックで施術を行ったことが原因であるという証明が必要になりますので、診断書を書いてもらいましょう。場合によっては自分で写真撮影しておくのも参考資料として有効になることがあります。

診断書を持参せずにやけどしたことを伝えに行っても「脱毛が原因と証明できないので対応できない」と言われてしまったらおしまいですからね。

診断書を持参して脱毛店に行き、やけどをしたことを伝えることが慰謝料請求のファーストステップになります。やけどなどのトラブル時の対応については、各脱毛店で取り決めが違いますので、カウンセリング時にそのあたりもしっかり確認しておくと安心ですね!

脱毛店が非を認めないときは?

診断書を持参し脱毛店へ行ってからは担当者との話し合いになり、脱毛店側が非があったことを認めれば慰謝料請求ができるようになります。

もし脱毛店が非を認めない場合は消費者センターへ相談することで代わりに話を取り持ってくれるようになります。消費者センターはお金もかからないので、困ったときは相談するようにしましょう!

それでもダメな場合は、弁護士に相談するのも手段です。

弁護士を雇うとなるとお金がかかりますので(着手金10~30万円程度+成功報酬10%程が相場)高額な慰謝料を請求できる場合は弁護士に依頼してみましょう。

慰謝料はいくら請求できる?

請求できる慰謝料は、症状の状態、部位(普段から肌が見える場所かどうか)、職業などによって変わります。

わかりやすい例で言うと、モデルをしている人の場合、「顔」は命ですよね。

顔にやけどを負ったことによって仕事に影響が出たという場合だと、治るまでの損失金額が変わってきます。

具体的な金額は人によるのでここでは言及できませんが、他にも通院にかかった医療費、交通費などの金額も請求することができます。

後からすべて請求できるように、やけどを負ったせいでかかったものに関してはすべて領収書を貰って管理しておきましょう。

まとめ

やけどをしている場合の脱毛や、逆に脱毛によってやけどを負ってしまった場合の対処法についてお話ししてきました。

やけどが跡になってしまっている場合や、ケロイド化してしまっている部分は脱毛ができないと考えておく必要があります。

ですが、完全に脱毛ができない訳ではなく、症状がある部分だけを避ければ脱毛は可能ですので、脱毛自体を諦める必要はありません。

また、万が一脱毛施術後にやけどの症状が出てしまったときは、すぐに脱毛を行ったサロンやクリニックに連絡して対処することが大切です。

場合によっては慰謝料請求も可能なので、知識として知っておいてくださいね!

シェアをお願いします。

おすすめの全身脱毛サロン「キレイモ」

私がおすすめする脱毛サロンはキレイモです。最近店舗数も拡大しており全国的に通いやすくなっています。

■キレイモをおすすめできる3つの特徴

  • 冷却ジェル不使用だから不快感なし
  • 顔・VIOも含んだ全身まるごと脱毛
  • ハンド脱毛体験できるのでお試しでカウンセリングへ行くのもあり

キレイモのリアル口コミを見てみる▼

キレイモの口コミ【全身脱毛月額プランで良かった】パックプランとの違いは?

予約はこちら▼

キレイモ公式

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。