1. 脱毛サロンランキング
  2. 脱毛基礎知識
  3. ≫Iラインの自己処理にヒートカッターは適切?チクチクしなくて便利との声も

Iラインの自己処理にヒートカッターは適切?チクチクしなくて便利との声も

Iラインの自己処理に使用するのは、カミソリやシェーバーなど、なにを使用するのが適切なのでしょうか。

手が届きにくい場所だけに、下手をすると怪我をしてしまうこともあるので、できるだけ安全に毛の処理を行いたいですよね。Iラインの自己処理にはヒートカッターがチクチクしなくて良いと聞きますが、実際はどうなのでしょうか?

Iラインの自己処理にヒートカッターが適切なのかをまとめましたので、どうぞご覧ください。

Iラインの自己処理の問題点

ムダ毛が気になっている人や脱毛に通っている人は、自分でIラインの毛を処理したことがあるのではないでしょうか。

Iラインを綺麗にしておくことで、生理の際に蒸れにくくなることで衛生的に良くなったり、見た目が綺麗に見えることでパートナーに喜ばれたりとメリットは多いです。

ですが、Iラインのムダ毛を自分で処理する場合には、下記の点が問題となります。

  • Iラインは直接目視することが難しいので自己処理が難しい
  • Iラインはデリケートなので色素沈着を起こしやすい

場所が場所だけに、自分で処理することが難しいのです。

問題点をもう少し詳しく説明していきます。

Iラインは直接目視することが難しい

Iラインを自己処置したことがある方はわかると思いますが、腕や足と違って、Iラインは直接目視することが難しい部位です。

立った状態でイスなどに片足をのせて無理矢理のぞき込んでみたり、鏡を使ってなんとか確認しながらやってみたりという経験がある方も多いと思います。

しんどい体勢を続けたせいで、身体を痛めてしまったり、自己処理そのものがうまくできなかったりと、直接確認することが難しいだけに思ったような処理ができなのがIラインなのです。

最近では、男性のVIO脱毛も増えてきていますが、男性でも女性でもIラインの自己処理は見えないだけに自分で処理をするのは難しい部位なのです。

色素沈着を起こしやすい

Iラインは目視がしにくいことに加えて形もいびつなので、余計に自己処理が難しい部位でもあります。

なので、自己処理を行う際に誤って傷を付けてしまったり、肌をカミソリで切ってしまって出血してしまうといったことも慣れていないと発生します。

Iラインは、肌が敏感な部分なので何回も傷を付けることを繰り返してしまうと、徐々にその部分が色素沈着を起こして肌が黒ずんでくるようになってしまいます。

せっかく肌を綺麗に見せるために脱毛を始めたのに、肌に黒ずみができてしまっては意味がありませんよね・・・。

ですので、Iラインを自己処理する際は、お肌に黒ずみを作らないためにも慎重に処理を行う必要があるのです。

ヒートカッターを使えば毛先がチクチクしないって本当?

Iラインの自己処理で使用するアイテムとしては、

  • 小型のカミソリ
  • 電気シェーバー
  • ヒートカッター

このあたりを使用されている方が多いです。

カミソリやシェーバーで処理した後って、どうしても毛先の断面は尖っている状態になっているので、手で触るとチクチクしてしまいますし、そのせいで下着を履くと痒くなっちゃうこともあります。

短くて鋭い毛なので、下着にも刺さって、隙間から毛が飛び出してしまうなんてこともありますよね。

これらの問題は、ヒートカッターを使用することで解決することができます。

ヒートカッターは熱で毛を焼き切るものなので、処理した後に毛先の断面が丸くなります。毛先が丸くなることで、手で触ったときにもチクチクせずに自然な感触に仕上げることができるのです。

毛先が丸まっているので、痒みも抑えられますし、パンツからも毛先が飛び出しにくくなるという利点もあります。

ツルツルに仕上げることはできない

カミソリやシェーバーと違い、ヒートカッターは毛の根元から毛を処理するわけではありませんので、ツルツルになるような仕上がりにすることは機能的にできません。

熱で焼き切っているので、あまり肌に近付け過ぎると熱で火傷してしまいますからね。

なので、処理したあとも肌表面から5mmほどの長さは残ることを理解しておきましょう。

ヒートカッターの効果は本当?口コミをチェック!

ヒートカッターはチクチクしないことや安全面での利点が多いですが、実際に使用している人たちはどう感じているのでしょうか?

ネット上の口コミを調べてみました!

もっと早く買えば良かったというレビューたくさんありますが同じくです。チクチクする、ショーツから飛び出すということは私の場合ありません。

毛先がソフトにカットされるので、カット仕立てでも下着の繊維と繊維の隙間から毛が飛び出すことも無く非常に良いです。

毛を焼き切るので、焦げ臭いのが気になりますが、切ったあとのチクチクがあまり気にならないので便利です☆

調べてみたところ、ヒートカッターを使用することで「チクチクしない」という口コミが多くありました!

やはり熱で焼き切ることで毛先が丸くなり、そのおかげでチクチクしなくなるんですね!

ヒートカッターのデメリットとしては、上記の口コミでもありますが、「焦げ臭い」ということを気にしている人が多いです。

毛を焼き切っているので、焦げるにおいがどうしても発生してしまいます。ヒートカッターを使用する際は、部屋の換気をしながら毛の処理をするのが良いですね。

良い口コミばかりではありませんでした・・・

口コミの中には、良い評判のものばかりではなく、こんな口コミもありました。

チクチクしないとありましたが私には合わずチクチクしました。はさみでやるのと差がありませんでした。個人差があると思います。

焦げ臭い匂いがするし、カットしたい毛を挟んでも、切れない。

終了後、チクチク痛い!1回使っただけです。買わなければ良かったです。

人によっては、うまく毛をカットすることができなかったり、毛は切れたけど「チクチクして痛い」という口コミも見受けられます。

Iラインは部位的に毛先が丸くなっていてもチクチクを感じやすいことがあります。処理した当日はチクチクしても、2~3日すると落ち着いてくる人が多いです。

良い製品でも、使用方法が少し間違っていると効果が薄れたりしてしまいます。正しい使用方法を確認して使用すれば、毛先はしっかりと丸まり、チクチク感は薄れるはずです。

次の項目で、ヒートカッターの正しい自己処理方法を確認していきましょう!

ヒートカッターを利用した正しい自己処理方法

Iラインの自己処理を行うには、ヒートカッターを使用することをオススメしていますが、正しい使用方法を知らないと良いものでも「宝の持ち腐れ」になってしまいます。

それでは勿体ないので、ヒートカッターを利用した正しい自己処理方法をお伝えします。

正しい自己処理方法

※ヒートカッターを使用する前提として、ある程度の長さがないとヒートカッターは使用することができません。目安として、最低でも手で毛を引っ張れるくらはあることが使用条件になります。

  1. まず最初に換気の準備をし、ヒートカッターの電池残量がしっかりあることを確認する。(電池が減っていると熱が弱く、うまく切れなかったり、毛先が丸まらなくなります。)
  2. 処理したい部分の毛を10本程、手でつまんで真っ直ぐ引っ張る。(一度に毛を多く処理しようとするとうまく切れないので少ない量を何回も繰り返すのがコツ!)
  3. 毛を引っ張った状態で、ヒートカッターのコーム(熱線部)を毛に当てる。肌に長い時間当て過ぎると火傷の原因になるので1回15秒以内を目安に処理する。
  4. 2~3を繰り返して処理したい部分をすべてカットする
  5. 最後に全体を確認して処理のし忘れがないかを確認する

このような基本的な使用方法を知っておくことで、ヒートカッターを効果的に使用することができますよ♪

毛を水で濡らしてヒートカッターを使用すると良いという情報がありますが、ヒートカッターは濡れた状態で使用すると、熱が弱くなるので切れ味が弱くなってしまいます。

使用するときは、毛が乾いている状態で使用するようにしましょう!

また、最初はよく切れたけど、最近切れなくなってきたかな?と感じたら電池残量が減っていることもあるので確認してみてくださいね!電池残量が減ってくると本来上昇するはずの温度まで熱線が温まらずに、使用に不具合が出てきてしまいます。

ヒートカッターは洗える?使用後のお手入れ

ヒートカッターは熱線部分で毛を焼き切るので、使用後に毛のカスが付着していることがあります。

ヒートカッターの使用後のお手入れとしては、この残ってしまったカスを小さなブラシなどで取り除いてあげるくらいでOKです。

ヒートカッターによっては、購入時にお手入れ用のブラシが付属していることがありますので付属品があればそれを使用し、付属されていない場合は、歯ブラシのような柔らかいものでも掃除することができます。

使用後にヒートカッターを掃除する際は、必ず電源を切り、熱線が冷めた状態で行いましょう!熱線が熱い状態で掃除をしようとブラシを当てると、熱で溶けてしまって使用することができなくなってしまいますので注意してください。

また、ほとんどの製品で本体を水洗いすることはできませんので、毛のカスが溜まっていたとしても水で洗うことはやめておきましょう!(防水と記載があれば水洗いOKですが)

ヒートカッターが買える場所一覧!薬局や家電量販店でも?

ヒートカッターは、あなたの自宅の身近な場所で購入することができますよ!

販売している場所は、薬局や家電量販店でも購入できますし、ドンキホーテなどでも販売されています。

ですが、デリケートな部分に使用するものですので、購入するのが恥ずかしいという人もたくさんいます。レジを通すときに商品を必ず見られるのでちょっと恥ずかしいですよね・・・w

そんな人は、ネット通販を利用することで恥ずかしさを感じずに購入することができます!

ネット通販では、Amazonや楽天でも購入できますし、各家電量販店のネットショップもありますので、購入しようと思えばどこででも購入することができますよ♪

身近な販売店 ネット購入できる店
薬局

家電量販店

ドンキホーテ

Amazon

楽天

ヤフーショッピング

各量販店のネットショップ

ヒートカッターの相場は?

ヒートカッターにも様々な種類がありますが、相場は2000円~3000円くらいでしょう。

店舗での購入よりも、ネット通販で購入した方が若干安く購入できるかもしれませんね。

ヒートカッターを選ぶ際は、無意味に多機能な商品を購入する必要はなく、シンプルなヒートカッターをおすすめします。

あまりにいろいろと機能があってもややこしく感じるだけなので、シンプルに「毛を焼き切る」ということが行いやすいものであればOKです。

また「ヒートカッター」と「小型のシェーバー」を勘違いして購入してしまう人もいますが、見た目は似ていますが、全くの別物なので購入時は注意してくださいね!

まとめ

Iラインは、自分の目で確認することが難しい場所でもあるので、自己処理を行うことの難易度が高い部位です。

鏡を使って頑張って処理してみたり、椅子に片足をのせた状態でやってみたりと自己処理するにも工夫が必要になってきます。

自己処理が難しい場所だけに無理をして怪我をしてしまう人が多いことも事実です。

カミソリなどで処理をして肌を削ってしまったり、肌を傷つけることを繰り返すうちに、知らぬ間に色素沈着を起こして黒ずみが発生していたなんてこともあるのが、Iラインです。

少しでも自己処理の安全性を高めるために使用することが望ましいのが、この記事で説明してきた「ヒートカッター」です。

ヒートカッターは、毛を熱で焼き切るので、焦げたにおいが発生してしまうデメリットはありますが、刃物を使用しないので、仕上がりがチクチクしなくなり、痒みを感じることも少なくなります。

カミソリやシェーバーと違い、ツルツルになるような処理はできませんが、安全に毛を短くすることができますのでIラインの自己処理に使用するにはおすすめです♪

家の近所の薬局や家電量販店でも購入することができますので、使ってみたいと思った方は、近所の売ってそうなお店で探してみましょう!

お店で購入することに抵抗がある方は、ネットですぐに購入することもできますので、Amazonや楽天でも探してみてくださいね。

「ヒートカッター」と検索すれば、たくさんの商品の中から選ぶことができますよ♪

シェアをお願いします。

管理人も体験済み!おすすめ医療脱毛

レジーナクリニック おすすめ

私も通っているレジーナクリニックはなんと麻酔が無償対応となっているクリニックです。

医療脱毛って痛いというイメージかもしれません。しかし、実際にやってみてどうしても痛かったら麻酔に頼れば痛みを軽減できます。しかも、無料なので!

ただし、あまりにも人気のため1ヶ月先でないと予約が取れないことがデメリット。ただ、総合的に見てここがおすすめなのでチェックしてみてはいかがでしょうか。

★チェック⇒「レジーナクリニック公式」

レジーナクリニックの体験記事も書いています★

【資料有り】レジーナクリニック銀座の無料カウンセリング体験画像

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。